2010年09月13日

素晴らしい光景

みわ・ダッシュ村の広報・IT担当の清水流美です。

この風景、ご覧ください!
DSC_1012 (Large).JPG

黄金に実った稲穂が広がります。

みわ・ダッシュ村では、今年はじめての合鴨農法にチャレンジしましたが、心配していたいもち病にもやられず、台風の被害にもあわず、こんなふうに豊かな実りが訪れました。

みわ・ダッシュ村の田んぼは(畑もですが)、「完全」無農薬・無化学肥料で稲を育てています。いくら雑草がはえても、いくら虫にやられても「ちょっとだけ除草剤まこうか」という概念はまったくありません。
その「ちょっとだけ」をYESとするかNOとするかで、実は労力や収量がうんと変わってくるのですが、みわ・ダッシュ村は、あくまで「完全」を貫きます。

そのポリシーはすべて労力として跳ね返ってきます。
田んぼは合鴨が守ってくれます。
が、合鴨を天敵から守るのは人間の仕事です。
また、合鴨を迎え入れ、健康的に育て、お仕事ができるように教育するのも、なかなかハードなことです。

私は広報を担当しており、農作業については「見る」と「発信する」ことが役割りなのですが、本当に農作業というのは、ことさら「完全」無農薬での農作業というのは、頭が下がる仕事だと実感しています。

こうやって、様々な人の愛情とまごころと労力が集結して、安全・安心なお米はできるのだと、今年の夏はつくづく感じました。

もうすぐ収穫。
ひと粒たりとも行方不明にならないよう、すべての恵みの粒がどなたかの体の糧になることを願っています。
posted by みわ・ダッシュ村 at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | みわ・ダッシュ村の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。